別れた彼氏がストーカーへ

もう7年も前の話になりますが、私は、今の主人と出会う前に、約10年ほどお付き合いしていた人がいました。(以下、ストーカーくんと呼びます)お金にだらしなく、私もいくらかかしていましたし、借金もたくさんある人でしたが、それでも良いところはあったのでお付き合いしてはいたんですが、自分も年を重ねるごとにストーカーくんへの気持ちは冷めていっていました。
そんな中、今の主人と出会い、主人とお付き合いしたかったので、ストーカーくんとは別れることにしたんですが、別れ話をしたときは別れないで欲しいと土下座され、それでさらに嫌いになった記憶があります。
私はストーカーくんと同棲していた部屋を出て独り暮らしを始めました。その後も頻繁にストーカーくんから携帯に連絡があり、最初は俺の物がまぎれてるから返して欲しいだったのが、だんだんエスカレートして、死ねとかヤリマンとか入るようになり、拒否設定すると今度は友達の携帯をわざわざ借りてメールを送ってくるようになりました、さらには深夜2時頃にアパートのチャイムが鳴るようになったり、車のタイヤが2本パンク、キズをつける、アパートのドアノブに液体をかける等、数えだすとキリがない嫌がされが毎日続きました。私もいい加減限界を感じており、警察に相談に行き、巡回してもらうことと、ストーカーくんとその親あてに内容証明で裁判をしますよと警告文を送りました。
私の場合は、その警告文でピタッと嫌がらせはなくなりました。愛情と憎しみは紙一重だということ、10年付き合っていても、その人の本質が見えていなかったかと、すごく勉強になり半生しました。みなさんも、別れ方には気を付けてください。

コメントはまだありません。

コメントする